葡萄について

生産者がこっそり教える
ここだけの話!!







①果軸が緑色であること。


収穫後、時間の経ったものは、果軸が茶色くなってきますので
緑色(黄緑)した果軸のものを選びましょう。


ぶどうの果軸の汁を吸う害虫(スリップスと言います)
に侵されたものは、軸に薄い模様があり
時間が経つと、すぐに茶色くなってきます。
生育途中でこの害虫にやられると、果実に十分養分が行かないので
味にも影響している事が多いです。
果実の傷みも早いので、避けた方が無難です。


②試食する場合は、房の下の方を食べてみる。


ぶどうは、トマトやメロンの様に置いておいても甘くなりませんし
酸味も抜けませんし、完熟しません。


ぶどうは普通、肩(上の方)から甘味がのってきますので
下の方を食べて甘ければ、その房は甘いと言えます。
いくら糖度が高くても酸度も高いと、まずく感じる事もあります。
糖と酸が絶妙なバランスで含まれている事が
ぶどうのコクを生み出します。


③ぶどうの色がその品種の色である。


巨峰は、黒に近い黒紫色、安芸クイーンは、ピンクに近い赤色。
デラウェアは少し濃い赤色。
少し色が薄いものは、味にも影響していますので
あまりお勧め出来ません。
試食出来る場合は、必ず試食してから購入しましょう。


④粒がそろっていて張りがある


粒がそろっていないのは、ぶどう畑の管理が不十分である可能性あり。
畑の管理をキッチリしているぶどう園は、
ぶどうの箱詰め作業にも気を配っていると思います。


⑤表面には白い粉(ブルーム)がふいている。


この粉を農薬と間違える人が、たまにおられますが
このブルームこそが、ぶどうの見た目の美しさだと
私は思っております。


ぶどう畑から、この粉が取れないように「そ~っと!」運んで来て、
粉が取れないように、箱に詰めています。
ですので農薬と間違えないようにお願いしま~す。


⑥朝採りのぶどうは鮮度がいい。


収穫する時間帯は、ぶどう農家にとって様々ですが
暑い日中に収穫すると、ぶどうの温度も上昇しているので
果実や果軸も柔らかくなっています。
柔らかくなった時に収穫されたものは、元に戻らないばかりか
鮮度が落ちるのも早いです。


朝採りのぶどうは、
夜の温度で適度に冷やされていて
シャキッとしています。
朝、明るくなってからの早朝に
(当たり前ですが、薄暗いとぶどうが見えないので・・・)
我が園では収穫を行っています。


⑦究極のぶどう保存術。


新鮮なぶどうを買ってきて、
そのまま冷蔵庫に入れると、
一見日持ちが良さそうに思いますが、
青い軸が茶色に変わる前に(新鮮な時期に)、
食べきれないと思ったら、粒から軸を外すのではなく
軸を少し残して1㎜~3㎜のところをハサミなどで切ります。
こうして、粒のままで保存すると
房のまま保カするより、かなり長持ちします。
一度、試してみて下さい。
目からウロコです V(^0^)

まぁ父が葡萄の写真を送ってきたので書きました。f0237243_19202125.jpg
[PR]
by sec_kasiwa | 2013-09-12 19:21 | Comments(0)